浮田工務店は、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

浮田工務店は、長く快適に安心して生活できる家づくりと、地域密着の工務店として、豊かな地域・街づくりを築く家づくりを目指します。

優れた耐震性、省エネルギー対策、維持管理対策、構造躯体などの劣化対策など、高い性能を持った住宅を設計し、環境に負荷のかかりにくい、過ごしやすい環境の住宅を建築しています。

 

 

 

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、世界レベルで「持続可能な社会」を実現するために2015年9月に国連で採択され、2016年から2030年の間に実現を目指す国際開発目標として位置付けられています。
取り組むべき目標は「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

 

JAPAN SDGs Action Platform(外務省:外部リンク)
持続可能な開発のための2030アジェンダと日本の取組(外務省国際協力局発行:PDF)

 

 

 

sen3

 

すべての人に健康と福祉を

全ての人が健康で快適に暮らしていただくための家づくりに取り組み、健康で長生きできる住宅の普及を目指します。

sen3

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

高断熱高気密化による、高性能住宅建築をおこない、省エネルギーな、地球環境に優しい住宅を実現します。

sen3

住み続けられるまちづくりを

地域のコミュニケーションを積極的に推進し、地域とのつながりを大切にした、地域密着の工務店として、次世代へ引き継ぐことのできる、高耐久な家づくりを行います。

sen3

つくる責任つかう責任

地域密着の工務店だからこそ、お客様の暮らしを末永くお守りする、アフタフォローもすぐにかけつけいたします。

sen3

パートナーシップで目標を達成しよう

私たちの活動は、一つの組織だけでは成り立ちません。家づくりも会社スタッフ、協力業者様、建材メーカー、職人さんとの連携によって行われます。そして、お施主さまとも、パートナーとなって、家を建てた後も、長くおつきあいをしていきます。

 

※具体的な取り組みはスタッフブログで。